イメージ画像

受かるヒケツとは?考えてみましょう。

普段とはちょっぴり違うワクワクした体験がしたい・・・とか、
親と子の想い出作りがしたい(赤ちゃんや子供さんが受ける場合)・・・といった、
「ダメもとで、とにかく楽しもう。応募する事に意義がある」といったイベント感覚で
オーディションにトライするのも、ほどよく非日常的で刺激的かもしれません。

がっかりアイコン

仮にうまくいかなかったとしても、
「レアな体験。想い出作り」といった目標は達成されます。

よくできました印

でも積極的な気持ちで、芸能人になることを望んでいる方ならば、
ぜひとも合格したい(一発で受かりたい!)とお考えのはずです。

正直なところ、どうせ受けるのならば、
サクッとパスしたいものですよね。  (ノ´∀`*)


女性のガッツポーズ

そこで当サイトでは、どういったポイントに留意工夫して準備対策すれば、合格の安全圏に入ることが出来るのか、受かるコツやノウハウ、テクニックなどについて、テアトルアカデミーのタレントオーディションに特化して、あれこれと考察してみました。

なお、一般的な「芸能人募集の審査」とも、共通するポイントがありますので、さまざまな方のご参考になるかな、と思います。


下記の3つのテーマで「研究」してみました。

テアトルのオーディションの概要は、
あらましのページでご紹介しています。

このページの先頭へ