イメージ画像

QandA

芸能人(タレント)志望じゃないと入学出来ない?

芸能界デビューを希望しなくても入学は可能です。子供の情操教育に役立てたい、自分の演技スキルを磨きたい、社会経験のためになど、何らかの目的や意思があれば、テアトルに通う意味があるでしょう。また、単なる興味本位であったり、何ら目標を持っていないのであれば、応募は控えるべきでしょう。

社会人として働いていても応募は可能?

サラリーマンの方、農業をやっている方、お店をされている方などなど、どんな職業の方でも入学が出来ます。もちろん主婦の方、定年退職された方でもOKです。

容姿と合否について

熱意、性格、雰囲気、芸能の素質など、様々な要素を元に総合的に審査されます。個性の魅力は十人十色。単に容姿だけで選ばれるのではありません。

兄弟や友達同士でオーディションを受けてみたい

オーディションを受けることは可能でしょう。また兄弟や友達みんなが合格する可能性もあります。但し、入会後、必ずしも同じクラスで学べるとは限りません。

テアトルに入ると、現在活躍中の先輩タレントさんに会える?

テアトルアカデミー所属のタレントさんたちとは、スクール内で会えるかもしれません。たとえば、鈴木福くんや小林星蘭ちゃんは、東京本校の所属ですが、タイミングが合えば、スクール内でばったり遭遇するかもしれません。また、お仕事の現場へ行った際、顔や名前を知っている俳優さんたちと会えるかもしれません。活躍している先輩たちのオーラを感じ取り、仕事振りを見て刺激を受ける事は有意義ですよね。新人にとっては励みと勉強になるでしょう。

地方在住者の東京本校への入学について

必ずしも、自宅にイチバン近いスクールへ通わなくても良いようです。ちなみに全国の各スクールでは、基本的に同様のレッスンカリキュラムを採用しています。また、引越した場合には、最寄のスタジオ(スクール)への「転校」が認められています。詳しくは、テアトルにお訊ねになってみてはいかがでしょう。

キッズ部門の講師が、ユース・シニア部門のレッスンも担当している?

その年齢層によって、指導すべき内容やグレードが異なります。従いまして各部門ごとに、専任の担当講師が配置されていると考えられます。基本的には複数部門の兼務はないでしょう。

すぐにデビュー出来る?

テアトルアカデミーの業界における存在感や営業力はかなりのものです。サポート力も高いです。しかしデビュー時期については、個人の能力やお仕事との巡り合わせが大きく関係してくるでしょう。

いつでもやめても良い?

続けていけるかどうかは、実際にレッスン等を経験してみないと分かりませんよね。よく思案した上で、「どうしても自分に合わない(我が子に合わない)」と判断したのであれば、途中で退会を選択するのも止む無しでしょう。なお基本的には、1年単位で契約更新が行われていると思われます。

子供を通わす場合の親の手間

キッズモデルの場合、親御さんの日常的なサポートは大事であり、オーディションやお仕事の現場に同行する時もあるかもしれません。しかし、テアトルアカデミーの受講に関しては、赤ちゃん部門の親子レッスンを除けば、親御さんが一緒に受講する必要はありません。

学業の妨げにはならない?

レッスンは平均して月に1~2回実施されます。通常はゆったりとした頻度です。通学している学校の授業体制や勉強時間によっても変わってくるかもしれませんが、予めスケジュールを立てておけば、特に問題は起こらないのではないでしょうか。またお仕事については、個人の意向に合わせてセーブする事が可能でしょう。

長期欠席について

テアトルには休学制度が設けられています。進学・受験時期や、就業中のお仕事が多忙になってきた時などは、この制度を利用してお休みする事が出来るでしょう。

他の習い事やお稽古事に並行して通える?

学業的、スケジュール的に上手に折り合いがつけられるのならば可能でしょう。但し、「芸能スクール」「劇団」「芸能事務所」といった、明らかにテアトルと内容が重複する場合は、習ったり所属することはNGと考えておくべきでしょう。

スポンサーリンク

このページの先頭へ