イメージ画像

自分に適したプロダクションを見つけましょう

エンタメ界で俳優や歌手といった「芸能人」の活動を行う場合、個人事務所を立ち上げるなどして、自分自身が主体となり、企画コントロールしながら行う方法があります。

しかし「新人」においては、芸能事務所(タレント事務所/芸能プロダクション/劇団等)とマネージメント契約を締結し、「所属タレント」として活動を行うケースが大多数ではないでしょうか。

新人オーディションに合格して、「芸能事務所(養成所)に入る」・・・といった流れが、
スタンダードなタレント・デビューの方法でしょう。


イメージ画像

さて、芸能界にチャレンジするためには、
時には決断する勇気や勢いが必要ですよね。
ひらめきやインスピレーションみたいなものを、
大切にすべき面もあるでしょう。
自分の夢や目標・希望を叶えるためには、
あいまいな気持ちや迷いは好ましくありません。

しかしながら、「事務所/オーディション選び」に関しては、ある程度は慎重になるべきです。
その時の気持ち・勢いだけに任せて決めてしまうと、後から後悔する事になりかねません。


確かに、実際に所属してお仕事等を行ってみないと、分からない事柄はあるでしょう。
全ての面において、自分の理想に見合った芸能事務所と巡り合う事は難しく、
仕方が無い面も色々とあるかもしれません。こういった面は、ある程度は想定しておくべきです。

でも、思い描いていたようなタレント活動が行えず、苦慮する事態を招くことや、
あるいは、何らかの損失を被ったり、不必要に嫌な思いをすることは、
願わくば避けたいものです。出来る限りのリスク回避はすべきでしょう。

そこでですが、事前に芸能事務所やオーディションの募集等に関する情報収集を行い、
自分に適した事務所等はどこなのか、多角的に検討してみる事は、有意義ではないかと考えます。

なお子供に関しては、保護者の方がよくお考えになるべきでしょう。

芸能事務所とタレント活動について、次の5つのテーマで考えてみました。

このページの先頭へ